管理人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 日常は暇でもあるが忙しくもある。

<<   作成日時 : 2007/04/22 14:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日は、バイト先でロッカー事件再びみたいな気の弛みを一喝するようなことがあり、なかなか
身が引き締まる思いだった。今日は、宿題も片付けたのでマッターリして、夕方前に髪でも切り
に行こうかと思っている。
 さて、今日この頃の電車内は、ゼミの課題の本である「V字回復の経営」(日経)なる本を読み
耽ってるわけだが、これまた面白い。いや本当にこんなことがあるのかと疑いたくなるが、事実
だと聞くと、これまでV字回復してきた企業の本当の姿が見えてくるような気がした。電車通学
は、時間ができるからこんな使い方をすれば、時間を有効活用できるのだ。テスト勉強も高校
時代から基本下準備を家や学校で小さいメモ帳にびっしり問題や解説を書き込んでこれでまず
書くことで勉強。電車の中で読んだり解いたりして復習の繰り返しをしていた。これは大学にな
ってからも続いている。ただしテスト前が休みになってしまうのでその効果が思いのほか上がな
いのが少し残念である。下宿とかだと学校から近いからすぐ家でだらけちゃったり出かけちゃっ
たりするが、一時間以上も乗ってるとそうもいかない。電車内は勉強の場でありRPGで言えば
体力回復の宿である。自分にとっては趣味の場でもあるw乗ってるだけで楽しいものだ。
新聞は最近持っていかなくなった。ネットのニュースサイトで最近はこと足りるので、新聞離れ
してるなぁと思う。就活には日経は必須とかCMやってるけどそれ自体が、まず「?」とか思ったり。
普通の日経よりもその就職したい業界紙読んだほうがよくないか?とか思うわけですよ。
ライバル企業の動向を探りいかに有効な手立てを打っていくか。それがもっとも重要と考える訳
で、その業界のことを知っているほうが企業にとっては有能な社員じゃないのか?そうでもないの
かな。その業界が好きじゃなかったらその企業にずーっといるわけじゃないでしょ。いつか飽きる。
ほんとに「仕事」と割り切れる人なんてホンの一握り。今の若者の離職率が高いのはその業界
のことを骨の髄までシャブッテ好きになってないからじゃないか?こうなんか名前だけとかで
選んでないか?なら離職率が高いのは当たり前。企業自体を好きになってもらうのも重要だけど、
その業界が好きじゃなきゃ長続きしない。その業界が好きならその会社辞めてもライバル企業に
いるかもしれないしな。逃げられたらその企業の問題。ま、最後まで突き詰めたらその本人が
原因な気もしなくもない。日本の企業は欧米と違って「人的資源」ってのを重んじると言われてる
けど、実際本当にそうなのか?と思う。ただコンサルティングにお願いしてマニュアル読ませて
終わりとかしていないのか? 製造現場だってそうだ人的資源を大切にしているのなら職人
が足りなくなるってこと起こらないはずだ。そんだけ人的資源を軽んじているという事では
ないのだろうか?目先の利益にだけ集中しているのではないのか? そんなことを思う
今日この頃です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日常は暇でもあるが忙しくもある。 管理人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる